海外旅行損失保険

2012年9月更新

 


海外旅行損失保険

何か起こった時に大変ありがたいのが海外旅行損失保険、可能であれば加入した方が良いです。

航空便が遅れて、天候などでツアーに影響が出てしまった。そんな時に旅行会社からのレターがあれば、参加出来なかったツアーや宿泊できなかったホテル費用、別途発生した追加料金などもカバーされる。

盗難に遭遇した場合も、警察の証明書さえあれば全額で無くとも何割かは戻ってくる。

しかし、それらは大きなメリットではありません。

海外旅行損失保険の最も大きなメリットは医療。

コスタリカで事故や病気などで医療を受けるとなった場合、相当額の費用が必要と考えてください。

コスタリカは医療が無料の理想国と真しやかに伝えられていますが、無料と言うよりも個人負担がゼロであり、そして個人負担がゼロなのは毎月保険料を支払っている人か、保健省が経済的の保険費用を支払わなくても良いと認定した人のみです。

保険費用を支払っていない日本人が、公共の病院へ行った場合は、しっかりと請求されます。

請求額も安くなく、1週間入院して100万円という事も過去にありました。

手術、入院となった場合は何百万、何千万になる場合もあります。

随行する日本語通訳も安くはありません。

 

そのような金額をカバーする為に、海外旅行損失保険は必要かと思われます。

では、どこの保険会社が良いか?

海外旅行損失保険は色々な会社があり、どこの会社も多少の差があれど、内容やサービスは殆ど同じように見えます。

私も旅行業を始める前は、どこの保険会社も同じと考えていましたが、現在、会社によって異なる事を感じています。

保険会社のシステムは、

○○保険(日本の保険会社)

○○海外損失保険(海外に強い保険会社)

アシスタント会社(主にアメリカにある会社)

このように分かれており、実際に海外で事故に遭遇した場合、救急車、病院、通訳の手配などをするのは、アシスタント会社となります。

このアシスタント会社の能力によって、現地での対応が大きく変わります。

海外旅行損失保険の会社を選ぶのに、2つの事に重点を置くのが良いかと思います。

1.コスタリカに強いアシスタント会社を持つ保険会社。
2.日本で懇意にお付き合いをしている保険会社。

1が最も重要かと思いますが、どの会社が良いかを判断するのは難しいかと思います。

http://www.emergency.co.jp/
日本エマージェンシーアシスタンス株式会社といいます。
こういう会社を“アジャスター”と言います。

コスタリカにおいてと限定になりますが、上記のアシスタント会社はアジャスターとして、とても良い仕事をします。

日本エマージェンシーアシスタンス株式会社は損保ジャパン、またはJI保険と提携しています。

であれば、損保ジャパン、JI保険に加入をすれば、コスタリカにおいて事故に遭遇した場合、日本エマージェンシーアシスタンス株式会社がアジャスターとして対応すると思うかもしれませんが、そうとも限りません。

ハッキリ会社の名前を出す事はしませんが、本当に使えない、役に立たないアジャスターもあり、そこが担当となると、本当に大変です。

そのような理由から料金も同じですので、損保ジャパン、JI保険に加入する場合も含め、

http://www.emergency.co.jp/
ここから損失保険に加入するのが良いかと思います。

 

もう1つの方法は、懇意にしている保険会社を利用する場合です。そこの保険会社が損保ジャパンおよびジェイアイ保険と提携しており、さらに日本エマージェンシーアシスタンス株式会社をアジャスターとして指定できるのであればベストです。

1.コスタリカに強いアシスタント会社を持つ保険会社。
2.日本で懇意にお付き合いをしている保険会社。

2つの条件が揃うのがベストですが、もし揃わない場合は1を優先するのが良いと思います。

皆様のお役に立つ情報となれば幸いです。

また、海外旅行損失保険に関しましては、私個人の意見ですので、契約後に何か不利益が発生した場合(発生するとは思えませんが)、私が責任を取る事はありません。全て各自の責任で判断してください。

経済的に余裕が無い人ほど、海外旅行損失保険に加入した方が良いと思います。

コスタリカ旅行の海外旅行損失保険であれば、上記の会社から申し込むのが良いと思います。