General Information

2008年10月更新


通貨・両替・物価

通貨はコロン(Colon)。コスタリカ人はペソとも言う。紙幣は10,000、5,000、2,000、1,000の4枚。硬貨は金色、銀色の2種類ある。金の方が新しく流通されたもので金色の硬貨が500、100、50、25、10、5の6種類。銀色の硬貨が20、10、5、2、1の5種類。

硬貨が2種類あるが両方とも流通している。銀色硬貨が古く、金色硬貨が新しい。当初、政府は金色硬貨が流通した後に銀色硬貨を回収する予定だったが、そのまま利用されている。

 

両替は銀行やホテルなどで可能。銀行の方が若干レートが良い場合が多い。両替時にはパスポートなどの身分証明書が必要。ただし銀行は並ぶ事が多い。時間帯にもよるが20分から1時間程度は並ぶ事もある。

コスタリカ到着後に空港で両替をする人を見るが、レートがトテモ悪いので止めた方が良い。数字を出すと2010年1月4日の情報で、通常のレートが1ドル580コロンに対して空港は1ドル530コロン。空港から市内へのタクシーはドル払いが可能。

コスタリカに持参する通貨はアメリカドルの現金が良い。円は一部の両替所が扱うが非常にレートが悪い。ユーロは2010年1月の時点では両替をするのが難しい。

$20以下の小額紙幣の場合であればスーパーマーケットなど店で利用可能な場合が多い。おつりは現地通貨で戻ってくる。

なお、トラベラーズチェックは利用が難しい。受け付けてくれないホテルや旅行会社が多い。これはコスタリカの銀行が本人が銀行窓口の係員の前でサインしたトラベラーズチェック以外は受け付けないのが原因。

しかし安全を考えるとトラベラーズチェックは良い選択だ。旅行日数に余裕がある旅行者はトラベラーズチェックを持参し、必要な時に必要な額だけを銀行で現金かするのが良い。現金化するにはパスポートなど身分証明書が必要。ごくたまにではあるが、パスポートとトラベラーズチェックのサインが異なる人がいるが、その場合は現金化してもらえないので注意が必要。

クレジットカードやVISA、MASTERは大抵の場所で利用可能。ただし店によっては手数料として7〜10%チャージされる場合もある。

出国前の空港で現地通貨コロンの再両替は可能だが$50がリミットとなっている。空港へ移動する前にコロンからドルへ両替しておいた方が良い。

 

 

物価は大まかに言うと日本の7割程度。決して安くない。

一般的に生活必需品は安く、贅沢品は高い。

一般のコスタリカ人が口にする食物や食材などは安く、ホテルやツアーなど外国人旅行者を対象としているサービスは先進国並みの料金。

コンピューター、ipodなどの高価な電気製品、外国製ブランドの化粧品や服などは贅沢品となり、それらの価格は日本より高い。自動車も日本販売価格の7割増し。ガソリンも日本より少し安い程度。

 

次のページへ / 基本情報の目次へ



San Jose事務所 Hotel Balmoral 2階

サンホセの中心部にあるホテルバルモラル2階にある日本人経営の旅行会社。日本人スタッフが常在。日本語でお問合わせください。