Tourist Information

2009年1月更新


モルフォ蝶の情報

中南米に生息している、森の宝石とよばれている青い蝶。

みやげ屋で販売されている標本



San Jose事務所 Hotel Balmoral 2階


モルフォ蝶が見られる場所
正直に言うと、コスタリカ国内の色々な場所で見られる。色々な場所でフワフワと飛んでいる。

通常、蝶々が飛ぶ姿を表現するにはヒラヒラが妥当のようだが、モルフォ蝶々はフワフワが好ましい。それは見ればわかる。

モルフォ蝶は太平洋側のコルコバードで、カリブ海側のトルトゲーロのジャングルクルーズで、中央地域のサラピキでラフティングをしながら、カニョネグロ・ボートツアー、モンテベルデのホテルの中庭や道端、ゴンドラに乗って空中遊泳中など、コスタリカの主要観光地の各所で普通に見る事が出来る。

しかし、どこに行けば必ず見られると断言するのは難しい。

私の経験から、行けば必ずとは言わないが、非常に高い確率で見られる場所を紹介する。

 

パクワレ川でラフティング。

ラフティング中に川岸でフワフワと飛んでいる姿を多く見かける。

 

ゴンドラに乗って空中遊泳

サンホセから自動車で45分ほどの場所にて、ゴンドラに乗り森を上から見渡すツアーが開催されている。その場所でも高確率で見る事が出来る。


セニョ〜ル カセの本音

私は2009年の現時点において、パクワレ川でラフティング中、ゴンドラで空中遊泳の時に100%の確率で見ている。勿論、モルフォが確実に見られると保障しているわけでは無い。

全て運次第。