Tourist Information

2009年1月更新


ラフティング情報

4-6人乗りのボートに乗って激流を下るリバー・ラフティング。コスタリカに限らず世界各国で有名なアトラクションの1つ。

ライフジャケット着用が義務つけられているので川に放り出されても沈まない。つまり泳げない人でも参加可能。

ボートに乗って川を下りながら自然の中を進む、とても面白い。



San Jose事務所 Hotel Balmoral 2階


ラフティングをするのにお勧めの川
コスタリカ各地でラフティングが行われていますが、どこも同じような料金設定。ならば良い川、楽しい川にて参加したい。

 

パクワレ川(Rio Pacuare)

ラフティングで世界でトップ10に入ると言われているパクワレ川。コスタリカでラフティングをするのであればパクワレ川がベスト。

レベルは3〜4。初心者には少しスリルを感じるが、このくらいでないと楽しめないとも言える。

乾期の1月〜4月であれば、水量も少ないので初心者でも問題なし。水も綺麗なので途中で泳いだりと楽しい。

雨期の特に9月10月は少しハード。さらに楽しい。

参加方法はサンホセその他の観光地からの発着ツアーに参加するのが一般的。料金は2009年1月の時点で1名$99。ラフティング会社によっては最小遂行人数が2名からとなっているので申し込み時に確認が必要。

 

サラピキ川(Rio Sarapiqui)

レベル3。レベル4のポイントが数か所ある。子供や年配の方にはパクワレ川は少し厳しいのでサラピキ川の方が良いと思う。ただし水量の減少により中止になる事もしばしばある。

参加方法は2つある。1つはサンホセその他の観光地からの発着ツアーに参加。料金は2009年1月の時点で1名$79。ラフティング会社によっては最小遂行人数が2名からとなっているので申し込み時に確認が必要。

もう1つはサラピキエリア発着のツアーに参加。こちらだとラフティング会社によって料金設定は異なるが大体1人$45程度。こちらも2名よりツアーが開催される事が殆ど。

ラフティングのレベルについて

レベル1〜5の5段階。

レベル1〜2
ゆ〜らゆ〜ら川を下る。濡れたりボートが転覆する心配は必要なし。レベル1は濡れる心配なし。レベル2も殆どない。

レベル3
普通の体力の人だったら参加可能。ごくたまにボートが転覆したり、ボートから投げ出される可能性もあるが僅か。確実に濡れる。

レベル4
初心者には少しスリルがある。体育会系の日ごろ運動をしている人なら初心者でもレベル4が良い。通常、運動をしていない人でもレベル4が良い。つまりレベル4が良い。

レベル5
上級者用で通常ツアーは無い。3−4人のグループで最初にレベル4へ参加し、インストラクターが「大丈夫。」と判断した場合のみ手配可能。通常は遂行されていない。


セニョ〜ル カセの本音

私は仕事として客を送る前に必ず自分で経験するようにしている。そして過去にパクワレ川以外のレベル4と宣伝している川や、サラピキ以外のレベル3の川でラフティングをした事がある。

その体験から、コスタリカでラフティングをするのであれば絶対にパクワレ川が良いと断言する。

しかし子供や高齢者、体力に自信が全く無い人であればサラピキ川が良いでしょう。

他の川がダメと言っているわけでは無い。どうせ同じ金額を出すならパクワレ川かサラピキ川が良いと言うことです。

あと予想以上に日焼けをする。特に太もも。日焼け止めを用意する事を推薦する。ただし顔に塗るとラフティング中に水で溶けて眼に入ると痛い。目より上は塗らない方が良いと思う。