Tourist Information

2013年1月更新


コルコバード情報

最初に旅行会社ホームページをご覧になってください。

ここには旅行会社としては書きにくい情報を掲載。



San Jose事務所 Hotel Balmoral 2階


アトラクション&アクティビティー  / 宿泊施設情報  / コルコバードへの行き方 / セニョ〜ル カセの本音 

アトラクション & アクティビティー 
コルコバードについては旅行会社のホームページで褒めちぎっていますので、最初にそちらをご覧ください。

ここでは、少し別の視点から書いてみます。

----------------------------------------------------------------------------

コルコバード国立公園

コルコバード国立公園は4つのレンジャー・ステーションがあり、通常は、その内の1つであるサンペドリージョ・ステーションへ行く。

サルやハナグマなどは沢山でるが、バクやジャガーなどの希少動物は期待しない方が良い、ほぼ確率ゼロ。

しかし自然は凄いので、歩いていて面白い。

海にワニが出ている事があるので、海水浴は注意が必要。

----------------------------------------------------------------------------

カニョ島ツアー

シュノーケリング後に島へ上陸、ビーチを楽しみ昼食後に各ロッジ戻る。

ロッジから島への移動途中、または帰りにイルカと遭遇する事が多い。過去に遭遇しなかった事の方が少ないくらい。

7-9月及び1-2月だと、イルカだけでなくザトウクジラが見られる事が多い。

シュノーケリングは悪くは無いが、沖縄とかタイとか、アジアにはカニョ島より良い場所が沢山ある。

島のビーチも白い砂で素敵!って事を書いたホームページは書物を沢山見るし、確かに綺麗は綺麗だが、カニョ島より綺麗なビーチはアジアに沢山ある。

雨期だと海は荒れるし透明度は悪い。

ザトウクジラのマメ知識
潮を噴出す行為を『ブロー』 

水中から出て来て背面跳びを『ブリーチ』 

水中から頭を出し、身体を捻りながら頭を水面に叩きつける『ヘッドスラップ』

尾びれを水面に叩きつける『テールスラップ』 

胸びれで水面を叩く『ペックスラップ』

ブロー以外の行為は理由が解明されていない。

寄生虫を落とす、子供を守る行為、の動物を威嚇する、遊んでいるだけなど色々な説がある。


コルコバードへの行き方宿泊施設情報  / セニョ〜ル カセの本音  /  旅行情報の目次へ 

コルコバードの行き方
サンホセ−アレナル

公共バスなどを利用
San Jose→Palmar Norte行きに乗る。5:00am発のバスに乗る必要がある。それより遅いとコルコバードへ移動するボートに間に合わない。

Palmar Norte到着が10:30am頃。そしてボート乗り場のSierpeまで移動する。Sierpeへの移動は距離にして20km。通常タクシーで$15-25ドル程度。公共バスも1日に数本運行している、料金は不明。

Sierpe に到着後、Sierpe 発のボートの手配、コルコバードでの宿泊先確保をするが、到着してからそれらを行うのは難しいので、出来れば先に予約をしておいた方が良い。

虫よけ、水も買った方が良い。

ボートは1人$25程度。ボートが満席、あるいは宿泊施設が確保できなければSierpe周辺に宿泊。30ドルくらいから宿泊できる。

ボートのみ確保できた人は、取りあえず行先をAgujitasにして出発する方法もある。

Agujitasへ到着したら宿探し。一泊素泊まり$30くらいの安宿があるらしいが、私自身で調べたわけでは無いので信憑性は解らない。

ちなみにAgujitasだが、今はマリファナやコカイン好きの人が増えたと地元の人が嘆いていた。

以上、公共バスなどを利用したバックパッカー向けの移動方法でした。

-----------------------------------------------

 

自家用車で陸路で移動

私もたまに行う。

Sierpeの有料駐車場に入れる、1日10ドル程度。

駐車場が満車だった事は一度も無い。

-----------------------------------------------

 

国内線での移動

2つのルートがある。

1.San Jose→Palmar Sur→Sierpe→Corcovado

2.San Jose→Drake→Corcovado

SANSA航空とNATURE航空が便を持っている。所要時間45分。

どちらのルートが良いかとなると難しい。

1だとボートに乗っている時間が長くなる。

しかしボートでの移動が中々面白い。途中でマングローブの森に入るが、
これが魅力的。

 

マングローブを移動中の動画。

 

 

そして運が良ければイルカやクジラに遭遇する事もある。

過去、私も1度だけ、移動途中でクジラと遭遇した事もある。
その時に撮影したのが上の写真。

 

2のSan Jose→Drake→Corcovadoだが、こちらはボートに乗る時間が大きく削減される。1が1.5時間に対して2は半分くらい。ボートが苦手な人には良い。

デメリットは天候に大きく左右される事。Drake空港の滑走路は土なので、少し強い雨が降ると発着陸不可となる。

過去に雨で泣いた観光客も数名いた事があるので、私は仕事において極力Drakeを利用しないようにしている。

結論は1のSan Jose→Palmar Sur→Sierpe→Corcovadoが良い。

国内線は、Green season(閑散期4月〜11月)は国内線が飛ばない日がある。

乗客が1名だと国内線を飛ばすと赤字になる為に欠便になるらしい。過去に1度だけそのような事があった。

珍しいケースだが情報として掲載しておく。

旅行プランのアドバイス
コルコバードは自力で行くのは少し難しい。

そして自分で行ったところでAgujitasの安宿に泊まらない限り安くなるわけでも無い。

安く済ませたい場合は、San JoseからPalmar Norteの移動だけパブリックバスを利用。

Palmar Norteに到着すると係員が迎えに来ているようなプランに申し込むのが良い。

国内線は片道$120くらい。パブリックバスは片道$10程度。ここで節約できる。


アトラクション&アクティビティー / 宿泊施設情報    / セニョ〜ル カセの本音 / 旅行情報の目次へ

宿泊施設情報
大きく分けて3つに分類される。

1.Aguitasの安宿。

2.コルコバードの更に奥。自然度が高いが施設が良くない。
  電気が使えない。水シャワーのみ。

3.電気もお湯シャワーも完備。自然度は少し落ちるが快適。

4.自然度も高くて施設も整っており快適。でも料金が高い。

 

----------------------------------------------------------------------------

1.Aguitasの安宿

先にも書いたが情報を持っていない。


----------------------------------------------------------------------------

2.自然度が高くて施設が良くない

Punta Marenco Lodge & Marenco Lodge
http://www.corcovadozone.com/

立地条件が良い。高台からの景色が最高。部屋にもよるがオーシャンビューの部屋でテラスにあるハンモックに揺られながら海を眺めていると幸せ。

ここはRio Claro自然保護区と隣接している。コルコバード国立公園のトレッキングコースよりも整備されていない分だけ歩きにくいが、綺麗な滝があったり大木があったりとおもしろい。

オーシャンビューでレストランの前の木にナマケモノやトゥカン、コンゴウインコが来る事がある。

オオハシ、ペリカン、ホワイトフェイスモンキーなどが見られる。

ツアーなどに参加せずホテルでのんびり過ごすのも良い。歩いて10分くらいの場所にビーチもある。

 

問題点は下記の通り。

1.難点は電気の利用が6:00pm〜10:00pmの間しか利用できない。

2.水シャワーしかない。

3.ロッジ内に蚊などが侵入してくるので虫に刺される可能性が高い。

4.全てでは無いが雨が降ると雨もりする部屋もある。

5.従業員の男が、女性の1人客を狙って誘う事が過去にあった。
  強姦は無いので女性が強く断れば問題ないのだが、気持ちの
  良いものではない。オーナーがいる時は問題ないのだが・・・・。
  

それらの問題が我慢できれば最もコルコバードらしいベストの宿泊施設と言える。

Punta Marenco Lodgeと隣接しているMarenco Lodgeだが、現在休業中で、再開の目処は立っていない。

 

--------------------------------------------

テントキャンプ

最悪。

施設が水シャワーなど、あまり良くないのだが、それはあまり問題ではない。

問題なのは経営者。

ボートが手配されていなくて国立公園へ行けなかったとか、迎えが来ないとか色々な問題が多発したのと、私が宿泊している時、就寝中に盗難にあった。

その盗難に対してフォローはゼロ。

私は自分で警察に連絡をする、その後の対処を行ったが、オーナーは何も動かなかった、保障も賠償も無し。使えないオッサン。

安かろう高かろうになる可能性が高いので、私は推薦しない。

----------------------------------------------------------------------------

3.自然度は落ちるが快適な宿泊施設

このクラスが一番選択肢が多い。電気が24時間使える。お湯シャワーも出る。

幾つかホテルを紹介する。
料金は各ホテルのホームページに掲載してあるので見て下さい。

--------------------------------------------

Drake Bay Wilderness Resort
www.drakebay.com

--------------------------------------------

La Paroma Lodge
www.laparomalodge.com

--------------------------------------------

Aguila de Osa Inn
www.aguiladeosa.com

--------------------------------------------

上記3つは心配無くお客さんを送れるLodge。

スクーバダイビングの客であればAguila de Osa Innが良い。
機材やコンプレッサー、メンテナンスなどを見てきたがしっかりしている。

 

----------------------------------------------------------------------------

4.自然度も高くて施設も整っており快適。

Casa Corcovado Lodge
http://www.casacorcovado.com/

コルコバード国立公園と隣接しているような奥地でありながら、しっかりした施設、最初に見た時、

「こんな所に、凄いのつくったな〜。」

でした。

コルコバード、オサ半島にある宿泊先では最高。部屋やレストランなどの雰囲気も他のホテルと比較すると圧倒的に上。

電気も24時間利用可能。お湯シャワーが使えるのが嬉しい。ただしヘアドライアーは使用禁止。

食事も美味しい。

ビーチまで距離があり歩くのが大変なのだが、ちゃんと移動手段があるので足腰が弱い人にも安心。

スイミングプールもある。スキューバーダイビングをする人にも対応している。

敷地内のビーチで数十羽のコンゴウインコの大群をみた。トゥカン、ペリカン、ホワイトフェイスモンキーなどが普通に現れる。弊社のお客さんでバクを見た人もいた。

お金に余裕がある人はCasa Corcovado Lodgeに行くことをお勧め。

Casa Corcovado Lodgeを褒めちぎっているが、それは電気も水道もないコルコバードエリアで、あのレベルを保っているのが凄いということ。高級ホテルをイメージしてはいけません。

Casa Corcovado Lodgeは毎年9月1日から11月14日まで営業をしない。これだけが残念。

--------------------------------------------


アトラクション&アクティビティー/ コルコバードへの行き方/ セニョ〜ル カセの本音 / 旅行情報の目次へ

セニョ〜ル カセの本音
宿泊先選びは悩むところ。

経済的に少し頑張ってCasa Corcovado Lodgeに宿泊するか、あるいは体力的と精神的に少し頑張ってPunta Marencoへ宿泊するか、私なら、その2つのドチラかを選択します。

本当に動物を見たいのであれば、もう少し足を伸ばしてシレーナステーションまで行く方が良い。

サンホセから長距離バスを利用すると大きく節約できるが、バスターミナルでは観光客を狙った窃盗が多発しているようなので注意は必要。


アトラクション&アクティビティー  / コルコバードへの行き方  /宿泊施設情報  /  旅行情報の目次へ