Tourist Information

2015年12月更新


サラピキ情報

最初に旅行会社ホームページをご覧になってください。
そちらにサラピキの情報を詳しく掲載してあります。

ここには旅行会社としては書きにくい情報を掲載。



San Jose事務所 Hotel Balmoral 2階


アトラクション&アクティビティー  / サラピキの行き方宿泊施設情報  / セニョ〜ル カセの本音 

アトラクション & アクティビティー 
動物観察

サラピキで動物と野鳥を観察をするなお薦めは2つあります。

OTS。

OTSとはOrganization for Tropical Studiesの略。

http://ots.ac.cr/

本来は研究施設だが、観光客にも門を開けており、野鳥、動物、植物、昆虫など色々な物が観察できる。

3種類のサル、ペッカリー、ナマケモノなどは比較的容易に見られる。夜行性のアルマジロが昼間に見られてしまう事もある。ちなみにアルマジロは現れるのは通常であればナイトツアー。

ここはお薦めです。

もう1つのお薦めがセルバベルデロッジ

http://www.selvaverde.com/lang/en/

ここはアマメアマガエル、イチゴヤドクガエル、マラダヤドクガエルが見つけやすく、レストラン近くの餌代にはクリハシオオハシを初め、色とりどりの野鳥が集まってくる。

サラピキという土地は、これが結構開拓されている。
元々は農場地だった為に森が少ない。

そんな中、この2箇所はお薦めです。

動物観察について

本当はコルコバードのシレーナへ行くのがベストだが、シレーナはコストが高くなる。

「動物は見たいけど、そんなに金は無い。」

そんな人はサラピキのOTSとマヌエルアントニオ国立公園。それにカニョネグロをくっつけてみよう。

まあ、そこそこの動物&野鳥観察は出来る。

シレーナ程の満足感は無いが、そこそこ楽しめる。

---------------------------------------------------------------------------

野鳥観察

コスタリカの野鳥観察で外せないのがサラピキ。
コスタリカに生息する約半数の500種が生息。

OTSが良いと思います。

---------------------------------------------------------------------------

リバーラフティング

サンホセ発着のリバーラフティング・ツアーはサラピキ川で行われる。

レベル3なので初心者向き。しかも水の量が少ないと、途中のVirgenからになり、これは中々ショボイ。でも初心者とか高齢者には良いと思います。リバーラフティングを初めてする人にサラピキ川はお勧め。

---------------------------------------------------------------------------

ボートでジャングルクルーズ

悪くはないけど。トルトゲーロやカニョネグロへ行くのであれば参加する必要なし!と断言しよう。

---------------------------------------------------------------------------

キャノピー

悪くはないけど。本数少ないし距離短い。
モンテベルデの方が楽しい。


サラピキの行き方宿泊施設情報  / セニョ〜ル カセの本音旅行情報の目次へ 

サラピキの行き方
サンホセ−サラピキ

公共バス
Empresarios Guapileñosという会社がバスを出している。

バス停:Terminal del Caribe 
住所:Ave.13, Calle Central
電話:Tel: (506) 2222-2727

そこからPuerto Viejo de Sarapiqui 行きのバスに乗る。
バスはBraulio Crrillo経由とVara Blanca経由の2ルート。

San Jose発 Puerto Viejo de Sarapiqui行き

Braulio Carrillo経由 Vara Blanca経由
06:30 am 06:30 am 
07:30 am 01:00 pm
10:00 am 05:30 pm
11:30 am
01:30 pm
 02:30 pm
03:30 pm
04:30 pm
06:00 pm

移動所要時間はBraulio Carrillo経由が2時間。
Vara Blanca経由が4時間。

ちなみにPuerto Viejo de Sarapiqui発 San Jose行きは
下記の表を参照

Puerto Viejo de Sarapiqui発 San Jose行き

Braulio Carrillo経由 Vara Blanca経由
05:30 am 05:00 am
07:00 am 07:30 am
08:00 am 11:30 am
11:00 am 04:30 pm
01:30 pm
03:00 pm
05:30 pm

ルートは行き先で決まる。OTSやRARA AVISへ行きたい人は
Braulio Carrillo経由。

安宿が集まるLa Virgenへ行きたいのであればVara Blanca経由。

OTS、RARA AVIS、La Virgenへ行く場合はPuerto Viejo de Sarapiquiへ到着する前に途中下車をする事。運転手に行き先を伝えておこう。大抵は親切に止まってくれる。中には忘れてしまうアホ運転手も存在する可能性があるので、サンホセを出発して1時間20分くらい過ぎたら確認する方が良い。

-----------------------------------------------

手配自動車

パブリックバスを利用するのが嫌な人は自動車を手配。
一番確実ともいえる。

-----------------------------------------------

ツアーを上手に利用する。

San Jose発着のキャノピー・ツアー、ラフティング・ツアー、3in1ツアーなどに参加をして、サラピキで途中下車する。旅行会社に依頼すれば、ツアーで途中下車する場所へ自動車を手配して、そこからホテルまで移動できる。

パブリックバスは嫌。しかし手配自動車は高い。
そんな人に向いている方法と言える。

-----------------------------------------------

混載ツーリストバスを利用する。

これも良い方法だが、サンホセ-サラピキは混載ツーリストバスが走っていない。サラピキ‐アレナル間のみ運行。トルトゲーロのロッジによっては最終日の昼食後、昼食をとったレストランからサラピキまでバスを出している。

ツアーであればトルトゲーロ→サラピキ→アレナルのルートが良い。逆だと少し面倒くさいし乗り継ぎが悪い。


アトラクション&アクティビティー宿泊施設情報  / セニョ〜ル カセの本音旅行情報の目次へ 

宿泊施設情報

OTS 
http://www.ots.ac.cr/

サラピキには快適なホテルが沢山ある。それらの施設を差し置いて最も推薦するのがOTSだ。

部屋にもよるがトイレ・シャワーは共同。一応、お湯は出るがヌルい。
トイレ・シャワーが付いている部屋もあるがレストランまで歩いて1km。移動途中は街灯が無いので懐中電灯は必須アイテム。

しかし自然度は高い。宿泊者は勝手に夜を歩き、アルマジロなんぞを見てしまう事もあるが、怖いならガイドを頼めば良い。

ここは早朝5時に起きて、フロントデスク周辺を見て欲しい。数種類のトゥカンなど、カラフルで綺麗な野鳥が沢山見られる。

Braulio Carrillo経由に乗り、Puerto Viejo de Sarapiquiの少し手前で途中下車。

-----------------------------------------------

セルバベルデロッジ (Selva Verde Lodge)
http://www.selvaverde.com/

OTSの質素な部屋が嫌な方はコチラ。ここはマダラヤドクガエル、イチゴヤドクガエル、アカメアマガエルが見られる。

実はマダラヤドクガエルは、遥か昔にトルトゲーロあたりから持ってきたという噂だが、今では事故繁殖している。世界で1番美しいと言われているアカメアマガエルはプール周辺で見られる事が多い。

敷地内に流れる川ではヤマセミやサギが見られたりする。グリーンバシリスクやイグアナも普通に歩いている。

ここにSan Jose発のパブリックバスで行くのであれば、Vara Blanca経由を利用すればロッジ前で止まる。

しかし時間を考えるとBraulio Carrillo経由でPuerto Viejo de Sarapiquiまで行き、そこからタクシーの方が楽。

-----------------------------------------------

ティリンビーナ(Tirimbina)
http://www.tirimbina.org/

小奇麗なホテル。敷地内にトレイルもありトロゴンなど多くの野鳥が見られる。

ここではチョコレートツアーがあり自然のカカオからチョコレートを作る。
とても美味しい。

-----------------------------------------------

ネオ トロピカル センター(Neo Tropical Center)

敷地内にインディヘナの博物館あり。部屋も見た目は何となく原住民っぽい造り。実は山を見下ろすプールなどもあり快適。ティリンビーナの隣。

-----------------------------------------------

安宿

ティリンビーナがあるVirgen周辺には安宿がいくつかある。

Tia Rocita
シングル:$10、ツイン:$16、トリプル$18.

部屋は質素だが天井が高く、1つの部屋にダブルベッドが2つ、シングルが1つ。欧米からの旅行者の利用が多い。レストランが隣接してある。

似たような安宿が2−3つ有り。

少し料金が高くなるが$30程度のホットシャワーが出る安宿あり。

 

そしてPuerto Viejo de Sarapiqui にも幾つか安宿がある。

$8〜50と予算に合わせて選択できる。こちらの方が何かと便利。

小さい街なのでホテルは直ぐに見つかる。


アトラクション&アクティビティー / サラピキの行き方  / セニョ〜ル カセの本音 /旅行情報の目次へ

セニョール カセの本音
野鳥観察では外せないのばサラピキ。太鼓判を押します。

それとカエル。
アカメアマガエルとイチゴヤドクガエル、マダラヤドクガエル。

そして動物観察。特にペッカリーとアルマジロ。
この2つは他の場所よりも見られる可能性が高い。

バックパッカーはPuerto Viejo de Sarapiquiの安宿の方が良いだろう。

VirgenからOTSに行く場合は2本のバスを乗り継ぐ必要があり、両方とも本数は少ない。歩いていくには遠すぎる。言葉が不得意な外国人には少し難しい。

 

 

サラピキの宿泊日数

野鳥に限らず動物好きの人はOTSに宿泊して、Selva verde Lodgeに昼食ついでに敷地内にて3種類のカエルを見る。Selva verde Lodgeは宿泊客以外が敷地内に入るには1日入場券を購入する必要あり。


アトラクション&アクティビティー  / 宿泊施設情報  / サラピキの行き方   / 旅行情報の目次へ