Tourist Information

2008年11月更新


タマリンド情報

最初に旅行会社ホームページをご覧になってください。
そちらにタマリンドの情報を詳しく掲載してあります。

ここには旅行会社としては書きにくい情報を掲載。



San Jose事務所 Hotel Balmoral 2階


アトラクション&アクティビティー  / タマリンドの行き方宿泊施設情報  / セニョ〜ル カセの本音 

アトラクション & アクティビティー 
オサガメの産卵見学

10月20日から2月15日限定でオサガメの産卵が見られる。これは個人では行けないので各旅行代理店で申し込む。

1日の定員が決まっているので早い者勝ち。10月や11月初旬であれば、さほど込んでいないので直接タマリンドへ行き、当日にツアー参加が可能。

しかし12月から2月になると混む。私は直接乗り込んで参加できなかった事が2回ある。私の場合はコスタリカ在住なので、また来れば良いくらいだが、期間が短い旅行者にとっては辛い。

確実に参加したいのであれば、前もって旅行代理店を通じて予約をしておいた方が良い。ツアー申込時に身分証明書(パスポート等)が必要。

オサガメツアーを請け負っているのはオサガメ組合と言うか地元の人たちの独占企業。競争が無い所はサービス悪いのは世の常。注意が必要。

ツアー内容はいたってシンプル。

ホテルへ迎えの自動車が来る。集合場所に皆が集まる。ボートで対岸に渡り国立公園レンジャーステーションで登録する。その時にツアー申込時の身分証明証が無いと、これまでツアーに参加出来なかった人はいないが役人にイジイジと虐められる事もある。人による。

レンジャーステーションと言うが嵐が来たら吹っ飛びそうな小屋。

登録が終わった後はレンジャーステーションの前で待つ。

待つ、待つ、待つ、待つ、ひたすら待つ。

するとカメ探しの人から無線で連絡が入るので、その場所へ一直線。走る事はないが競歩くらいのスピードが必要な時もある。

カメが卵を産み始めたら見学開始。いくつかのグループが交換で見る。産み終わりカメが後ろヒレで穴を埋め始めたら終了。ホテルへ移動しておしまい。

ひたすら待つと書いたが、まったく待たない場合もある。レンジャーステーションに到着した時点で「走れ!」みたいな時もあった。

しかし何時間も待った後、「今日は無理、また明日ね〜。」って時もある。全て運次第。

ちなみに見られなかった場合、翌日に無料でリピートする。リピート組みは優先される。過去の経験だと私が経営する旅行会社では、リピート組みで見られなかった人はゼロ。つまり2泊した場合、2008年11月現在までは100%見られている事になる。

しかし日程上、タマリンドへ一泊しか出来なかった人は見られなかった事もある。オサガメを見るなら2泊で組むのが良い。

オサガメツアーは各旅行会社によって料金が違う。

しかしお勧めは信用できる旅行会社か、宿泊ホテル内にある旅行代理店で依頼するのが良い。なんせ相手は適当なオサガメ組合。そしてツアー決行は夜。迎えに来なければ泣き寝入りするしかない。

ホテルであれば何とか連絡をつける可能性もある。

オサガメツアーは本当に適当

迎えを忘れたり、迎えに来たけどタマタマいないと容赦なく置いていくなど対応悪すぎ。ちゃんとケアをする旅行会社を選択。

ちなみに私が経営する旅行会社では集合時間前に、客がロビーで待っているかチェック。そして迎えが来たかチェック。

集合時間を過ぎても迎えが来ない場合、客に我々へ電話をするように伝える。

ツアーが遂行されるのは11:00pm頃になる事もあるが、誰かが起きて張り付いている。そのくらい気をつかっている。

それは過去に何度も痛い目に遭遇しており、どうすれば防げるかを検討した上、そのような確認方法を行うようになった。

オサガメ協会を全く信用していない。

---------------------------------------------------------------------------

スクーバダイビング。

Isla Santa Catalinaという場所に行く。

ここ、すごい。コスタリカに数あるダイビングポイントの中で、最も良いポイントの1つと言える。勿論、COCO島には敵いませんが。

時期にもよるがマンタが次から次へと出てきた時があった。少し流れがあるところだったので岩にしがみついて見た。それこそ、ひとかきすれば触れるくらいの距離をマンタが泳ぐ。この時ほど水中カメラを持っていない事を後悔した事は無かった。

マンタのクリーニングポイントがあり、時期にもよるがそこに行けば高確率で見られる。2日に1回は見られるくらい。

その他、エイの群れなどもたまに遭遇する。

透明度は、実は良くない。良くて12mの時もあれば視界ゼロの時もある。1日ごとに変わるので何とも言えない。しかし12月から4月は比較的良好。

申し込みは各旅行代理店か、タマリンドにある唯一のダイブショップ、イタリア人夫婦が経営「Agua Rica」で申し込む。どこで申し込んでも料金同じ。

ここに、おまけ動画を掲載。これは私が潜った時の映像。撮影者はNYから来たカップル。それを貰った。

Cownose Raysの群れ。和名はウシバナトビエイ

 

---------------------------------------------------------------------------

シュノーケリング

泳ぎに自信がある人は海岸から1km先にあるIsla Culebras(ヘビ島)周辺へ行こう。あそこまでいけばハリセンボンとか面白い物を見られる。

どうしてヘビ島というのかは知らないが、島にヘビはいない。サンゴの死骸で出来たような島。素足で歩くと痛いし切る。

1km泳ぐ自身が無い人は諦めてツアーに参加する方が良い。

私が1km泳いだのは10年以上昔の若かりし時代。今は立派な中年になり体力も低下しているので無茶はしない。安全と快適は金を出して買う。

---------------------------------------------------------------------------

サーフィン

私はサーフィンを行わないので詳しい事は知らないが、どうやら初心者向けの場所との事。

Witch's Rockというサーファーの間では有名なポイントが近くにあり、そこへはツアーに参加をするか4WD自動車で道なき道を行くらしい。

サーフボードはタマリンドで貸しだしている2時間10ドルとか店によって料金が違うので、幾つか周ってみるのが良いだろう。

---------------------------------------------------------------------------

ボートでジャングルクルーズ

ショボイ。止めておいた方が良い。まだサラピキの方がマシ。


タマリンドの行き方宿泊施設情報  / セニョ〜ル カセの本音旅行情報の目次へ 

タマリンドの行き方
サンホセ−タマリンド

公共バス
正直、良く知りません。調査して掲載します。
直行バスが1日3本出ているらしい。

Santa cruzという街までは頻繁に出ている。そこからTamarindo行きのバスに乗る方法もあるが、乗り継ぎが上手くいかない時もある。

移動所要時間は約6時間。

-----------------------------------------------

手配自動車

結構高い。サンホセからだと200ドル以上する。

-----------------------------------------------

混載ツーリストバス

サンホセからだけでなく、アレナル、モンテベルデなど主要観光地をつないでいる。手配自動車と比べると安いし快適。人気路線なので早めに予約する事をお勧めする。

-----------------------------------------------

国内線

サンホセから40分。快適。タマリンド空港は私有地を通過する為に空港使用料を支払う。空港からタマリンドまでは4kmくらい。タクシーを利用する。


アトラクション&アクティビティー宿泊施設情報  / セニョ〜ル カセの本音旅行情報の目次へ 

宿泊施設情報

開発が進んでいる地区なのでホテルはピンキリからある。

 

-----------------------------------------------

DIRIA
http://www.tamarindodiria.com/

ここに泊まっておけば間違いない。

オーシャンビューの部屋がお勧め。

-----------------------------------------------

安宿

沢山ある。直ぐに見つかる。

旅のアドバイス

年末年始、セマナサンタなどのピーク時は部屋が無い。先に予約をしていかないと無理。

私の忠告を無視してタマリンドへ乗り込み、部屋が確保できずレンタカーを借りて、その中で寝た人もいた。

ピーク時は外国人に限らずコスタリカ人も行くので混みます。


アトラクション&アクティビティー / タマリンドの行き方  / セニョ〜ル カセの本音 /旅行情報の目次へ

セニョール カセの本音
正直に言うとビーチは特別綺麗というわけじゃない。コスタリカ在住者や長期滞在者、留学生には良いかも知れないが、短期旅行者であれば他の場所に行った方が良い。

ただしオサガメの産卵見学は別。この時期だけは行く価値あり。

ダイビングが目的であれば、タマリンドで無くフラミンゴに滞在する方が良い。ポイントにも近いし船も良い。

 

 

タマリンドはバックパッカーが旅行しやすい場所。節約したければツアーなど購入する必要なし。パブリックバスで移動して安宿に泊まりなさい。

アトラクション&アクティビティー  / 宿泊施設情報  / タマリンドの行き方   / セニョ〜ル カセの本音