2007年8月

2007.8.7

復活の呪文

20年前にドラゴンクエストというロールプレイングゲームが販売された。

ドラクエTとUはバックアップシステムが無かった。セーブが出来なかった。

なので復活の呪文というパスワードを入力する必要があった。

これを次回遊ぶときに入力すると、前回の終了時点から再スタートできるのです。

夜になり、お母様から「いい加減に寝なさい!」と叱られると、いそいそとノートを出してきて復活の呪文をメモしたものです。

この時にメモを間違ってしまうと、次回に入力した時に

「復活の呪文が間違っています。」

そのように表示されるわけです。

最初は「あれ?入力を間違えたかな?」くらいの軽い気持ちでいるのですが、再入力して

「復活の呪文が間違っています。」

と表示されると青くなるのです。この時点で90%はミスをしたと自覚しているのですが、それでも残りの10%に掛けるのです。

再々入力して

「復活の呪文が間違っています。」

メモが間違っている事が解ると、もう悲しさでいっぱいになるのです。

前回、何時間遊んだのかはわかりませんが、それらが全て水泡となるわけです。

ドラクエTは復活の呪文が短かったので、メモをするのも大変でなかったが、ドラクエUになると、これがやたら長くなってしまいメモをミスする事も多々あり。

大声で「こんちくしょう!!」と叫んだりコントロールを投げたり、その勢いでファミコン自体を壊してしまった人も存在すると思われます。

今となっては懐かしい思い出。

さて、久しぶりの日記更新です。私も復活いたしました。完全復活とはいきませんが、日記は書ける状況になりました。

いろいろな不幸が重なり更新が出来ない状態でした。

不幸と言ってもたいした不幸ではありません。時が過ぎれば思い出になる事柄です。そのうち、気持ちの整理がついたら書くかもしれません。

日記だけでなくE-Mailの返信も出来ませんでした。正確に言いますと返信は可能でしたが、これが結構大変な作業になってしまいまして、仕事と緊急を要する事柄の他は後回しにしておりました。

これから返信していきます。心配おかけいたしました。

日記ネタは沢山あるのでボチボチ書いていきます。

今後ともお付き合いくださいませ。


↑↑↑↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。


2007.8.12

収集家

一ヶ月以上も日記をサボっていたので、日記を更新するのが億劫だ。

こういう時は簡単な事を書きたい。頭を使わなくて良いものを書きたい。

「お前は頭を使うような難しい事を日記に書いていたのかい?」

とツッコみを入れられる気もしないでも無い。

とりあえずリハビリを兼ねて簡単な意味の無い頭を使わない事から書くことにしよう。

ご存知かもしれませんが私は下宿屋というか、敷地内にある利用していない家を貸しております。

家族で利用している家の他に2つ家がありまして、1つは綺麗ですが、もう1つはボロ屋。相当なボロ屋。雨風は凌げるけれど。

ボロ屋には貧乏学生や貧乏作家、貧乏旅行者など宿泊費用を節約したい人々が生活しております。

住人の1人が説教好きの親父でして、親父が偏屈かを説明した上で、それでもOKという人のみに貸しております。あと、出来るだけ男性のみにしてもいます。

家賃が安いので現在の私にとって収入よりも手間隙の方が大きく、サッサと廃業にしても良いかと思う時もありますが、下宿屋が私のコスタリカでの原点ですので、そのまま続けております。

それらの滞在者には変わった人がたまにきます。変わった人と書いて変人と言うのですが、今回は変人の井生クン(仮名)を紹介したいと思います。

勿論、ここに書く事に関して彼の承諾を得ております。

彼は27歳のサーファー。定職に着かず金が貯まるとサーフボードを抱えて日本を脱出。日本に彼女を置いてきているのだが21歳と若く、まだ結婚を考える様子も無い為に

「いつまでもフラフラしていないで定職に着いてよ!」

と迫られるわけでもなく、おきらくごきらくの人生を送っているわけです。

日本では落ちこぼれに分類されるかもしれませんが、少し羨ましい気もします。少〜しだけだけどね。

そんな彼は少し変わった物を収集する趣味がある様子。

それはエロ本。

エロ本とは書いて字の如しエロい本の事。旅先の国で、その国の女性の卑猥な裸体が掲載された本をコレクションしているらしい。

当然の如くコスタリカ女性が掲載されたエロ本を購入希望。

変な趣味だなと思いながらも、私はこのようなアホが嫌いでは無いので協力することにした。

しかし私はココ10年以上エロ本を購入した事が無い。どこで購入可能なのか知らない。

一番最初に思いついたのは「大人のおもちゃ屋さん」である。

そこに行けば何かしらの物が売っているだろうと思ったわけだ。

私はコスタリカにて大人のおもちゃ屋さんに行った事が無い。日本では上野にあるそれに1−2回、友人と冷やかしに入ったことがあるのだが、それも遥か昔の話である。

結構、ドキドキしながら行ってきました。

店に入ると最初に目に入ったのがコスプレだ!セーラー服が売ってあった。これには笑えた。

胸元が大きく開いたセーラー服に短すぎるスカートだ。店員さんに「これ、売れているの?」とたずねると、結構でているらしい。

コスタリカでも日本の女子高生制服は人気の様子だ。

狭い店には色々な商品が並べてある。その中には私が見た事も無いような物が沢山あった。好奇心旺盛な私はゲイと思われる店員に色々と質問してみた。

私:「これは、何に使うのだ?」
店員:「女性の××に××すると、××となるのだ!」

ふーむ、でも、それって気持ち良いのか?と思いつつも次の質問。

私:「このボールが2つのアメリカンクラッカーのようなものは何だ?
店:「それを○○して○○すると、○○の筋肉が鍛えられるのだ!」

ふーむ、なるほど、セックスも奥が深いのだなーと関心。

私:「この筒は何だ?」
店:「それに男性の××を入れるとサイズが大きくなるのだ!」
私:「それは痛くないのか?」
店:「痛くない・・・、と思うけど、試してみる?」

真空にして引っ張るらしい。絶対に痛いと思う。勿論試す気は無い、痛いのは嫌いだ。

他にもSMのムチやロウソクも売っていた。私はSMのムチを見るとプリンセスプリンセスの「M」を歌う。

「いつも一緒に居たかった。隣で笑ってたかった。」

これがオリジナルだが、そして替え歌があるのだ

「ムチで打たれて居たかった。けれども少しだけ良かった。」

ついつい口に出して歌ってしまう。勿論、替え歌の方だ。

一生懸命質問をしている私を、連れは引いた目で見ていた。

そんな私を横目に井生君は本を選んでいる。ビニールが被せてあるので立ち読みをして内容を確認してから購入する事は出来ない。表紙で選ぶ一発勝負だが、その表紙もエロが感じられない。

店のゲイ君に「どれがエロい本だ?」と聞くと、一冊の本を紹介してくれた。どうもエロそうには見えない。

そして一冊30ドルする。その料金に貧乏サーファーの井生君は悩んでいる様子だ。貧乏サーファーには大きな金の様子。

私は30ドルあれば「2発」は出来る置屋がある事を伝えた。それも井生君を悩ませる材料になった。

散々悩んだ末に

井生:「買います!これを買います!絶対に買います!」

その本を購入し自動車に乗り込む。彼はとても嬉しそうだ。

私も彼の手伝いが出来て良かった。良い事をすると気持ちが良い。

自動車の中でワクワクしながらビニールを破る彼、ページを開き、急いでページを見る彼から意外な言葉が出た。

井生:「ひどい・・・・、ひどい・・・・、ひどーーーい!」

井生君は涙目だ。自動車を止めて本を見ていた。

確かに酷い。エロ本じゃなくてイラストだけのHow to SEX本だった。本当に井生は私を笑わせてくれる。

収まりがきかない井生君。どうしてもエロ本を買いたいと。そこで私はSOHOなる雑誌を思い出した。

SOHOとは「モデルはコスタリカ人女性です!」を売りにしている雑誌だ。幹線道路などで大きく広告が出ており、普通のスーパーマーケットで販売しているが、18歳以上となっているので、きっとエロ本に違いない。

表紙の若い女性は裸だが肝心なところは上手に隠してある。非常にエロ本っぽい感じがする。

さっそくスーパーに立ち寄って購入。日本円で250円くらいかな?安い。

内容はエロ本で無く、なんと言いましょうか・・・、半分以上が広告。そして少しだけグラビアっぽいエロくない女性の写真が掲載されているような内容。

これのどこが18歳以下禁止なのだと思う内容だ。詐欺ちゃうか?

失意の井生君。本当に落ち込んでいる。私はそんな彼を見てゲタゲタ笑っていた。この日記を書きながらも思い出し笑いをしている。

私を笑わせてくれたお礼を兼ねて あまりにも可哀想なので慰める意味を兼ねて寿司を奢ってやる。久しぶりの寿司を食べた井生君は少し元気が出た様子。

別れ際に井生が言った。

「色々ありがとうございました。せっかく購入したのですから頑張って使ってみます。抜けたら報告しますね。」

最後まで笑わせてくれた。

愛らしいアホだったなーー。

今頃どこで何をしているのかな?

 

PS.
後日、「やはり抜けないだけでなく勃ちもしませんでした。」と井生より連絡があった。


↑↑↑↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。


 

2007.8.14

更新が出来なかった理由

8月7日の日記で

"いろいろな不幸が重なり更新が出来ない状態でした。″

このような書き方をしたものですから、(ごく一部の方には)ご心配をおかけしてしまったようです。申し訳ございませんm。

不幸と言ってもたいした不幸では無く、ちょっとカッチョ悪かったので書けなかったわけでありますが、別に書いたところでどおって事でもありませんので、ネタにしてしまいましょう。

実はモバイルパソコンを盗まれたのです。

それだけの事ですが、私は常日頃からホームページや口頭で

「泥棒は最悪だが盗まれる日本人がヌケているのじゃ!」

などと公言していたものですから、なかなか言い出せずにおりました。いつも偉そうに言っていたのですから、私も人の子ですし、恥ずかしかったわけでありますが・・・・。

「はい!私もやられました!盗まれました!文句ある?まいったか!」

開き直ることにします。

しかもコスタリカにて2回目のPC盗難遭遇です!どうだ!まいったか!

いきさつを簡単に説明すると、某中華レストランで食事をしておりました。私は行きつけの常連客であります。当然ですがオーナー、ウェイターその他、全て顔見知りです。

 

ついつい、PCを置いて店を出てしまったのです。

色々疲れていたのは本当です。勿論、それが言い訳に成らない事は重々承知しております。

途中で気が付いて戻ったわけです。店には殆ど客がいなかったし、まああるだろう。

店に入るとマネージャーと私のテーブルを担当していない顔見知りのウェイター私の顔を見るなり“コクン”と頷いて棚を探したわけです。ああ、これで一安心。ちゃんとしている店だなと思ったのですが、探しても見つからない。

私のPCを弄っていたテーブル担当のウェイターは「急に帰った。」との事。

早速警察に連絡。すぐに警察が来てウェイターの家を先回りして押さえようとなったのですが「担当範囲が違うから駄目。」と、お役人丸出しの答え。

でも、その警察が「お前が外国人だから、日本大使館から警察に連絡協力要請があれば動くと思うよ。以前も、そういうケースがあった。」と言う。遅い時間だったが領事に電話。

しかし事は上手く進まず、警察は動かなかったわけで、私のPCを持っていると思われるウェイターの家を知っている人間を見つけ、ウェイターの家に行ってみた。

しかしそいつは知らないとの事だ。知っていても知らないと言うだろう。

拳銃を、そいつの口の中に突っ込んで脅せば話すかもしれないが周囲に人がいるので、そのような事も出来ずに諦めました。

PCが無くなって困る事はE-MAILの送受信が出来ないこと。仕事関係のPCはスタッフが全て対応可能なので問題ないのだがプライベートの方が駄目。

他に所有しているPCは日本語が表示しなかったり、日本語は読めるけど返信がローマ字のみ可能と非常に使いにくい。

日本語で返信したい場合はローマ字を日本語に変換するホームページにて一文一文を変換した後にコピーをして、それをメーラーに張るというトテモ面倒くさい作業をしなければいけない。

そうなると緊急を要するE-MAIL以外は後回しになってしまう。日本から日本語が打てるモバイルPCが届くまでは返信をしない事にしたのです。

当然、日記も更新不可。それが今回、日記を大幅に更新しなかった理由です。

しかしインターネットを利用しなくて良い生活というのは、これはなかなか快適。

日記を更新しなくて良い、E-MAILを無視しても良い。

スタッフには「コンピューターが無くて仕事できない〜、ごめんね〜。」と

仕事をサボる口実

が出来るわけです。

スタッフは大きく不満だったようですが私にとって素敵な日々でした。

それもコンピューターが届いた事により、それらの幸せだった日々が終結しました。いきなり全快で仕事をするのは難しいのでリハビリを兼ねてユックリ元の生活に戻ろうと思います。

日記もボチボチ書いていきます。

また、他にも色々な不幸と書きましたがた、それらは下記をご覧ください。

1.急激に運動したので体が悲鳴を起こして歩けなくなった。

2.日本円にして11万円相当の現金を盗難にあった。

3.親しい義理の叔母が末期癌で今年いっぱいの様子。

4.彼女にフラれて、そのショックでインポになった。

1つ、巧妙な嘘があります。どれでしょうか?

解った人はご連絡ください。

正解者には素晴らしいプレゼント!なんて事はありません

今後とも宜しく。

 

PS.
ガ・サチのお姉さんが「いつも偉そうに言ってるくせに盗まれてやんの!」と笑っていたそうです。他にも、そのような人がいると思います。だから掲載したくなかったのだ・・・・。

 


↑↑↑↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。


 

 

2007.8.20

旅行してぇ〜

友人がマレーシア旅行をした。彼らの旅行は水曜どうでしょうが行ったマレーシアはジャングルリベンジの場所である。ファンとしては抑えておきたい場所。

実は誘われていた。本気で行こうと思いスケジュール調整をした。

どうせマレーシアに行くならシンガポールと日本にも立ち寄りたい。ついでにアメリカのロスアンジェルス経由にして友人&知り合いにも会いたい。

それにあったエアーチケットを仮予約していた。ユナイテッド航空がロスから成田経由シンガポール行きの便を持っいる。ロス-シンガポールの往復を購入して成田ストップオーバーにした。

ロス-成田往復とロス-シンガポール往復に成田ストップオーバーの差額は180ドル程度だった。これはお得だ。

旅行のスケジュールは

コスタリカ  →  ロス  →  マレーシア  →  シンガポール  →  日本  →  ロス

最初にアメリカはロスアンジェルス。グランドキャニオンへ自動車旅行だ。3泊4日を予定。そして成田へ移動。

成田到着後、入国をせずにシンガポールへ。翌日のフライトでマレーシアの首都KLへ移動して友人と合流。1週間のマレーシア旅行を予定

マレーシアの後は再度シンガポールへ。昔の友人と親睦を深める。ここは未定だが、たぶん1週間程度。

シンガポールの後は日本へ。日本国内旅行。2週間程度。

そして再度ロスアンジェルスへ立ち寄り旅行。今度はヨセミテ国立公園。ここも3泊4日。

1ヶ月を少し超える旅行日程を立てたのだが諸々の事情により今回は不可となった。悲しい・・・。

マレーシアに行った友人のブログから満足の様子が伝わってくる。ブンブンロッジに行きたかった・・・。キャノピーウォークをしたかった・・・。洞窟に入ってホワイトスネークを見たかった。

あ〜あ、行きたかったな〜。

森様、次回の水どう旅行企画は早めに教えてくださいませ。スケジュールの調整とスタッフ洗脳の為には時間が必要でございます。

また誘ってくださいませ。


↑↑↑↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。


 

 

2007.8.22

事故が多いコスタリカ

コスタリカで生活するようになって10年以上が過ぎるのですが、生活する時間が長くなれば長くなるほどコスタリカという国に対してコメントが出来なくなってきます。

質問:
コスタリカ人って、どういう人たちですか?

回答:
日本人と似ている部分が多い。普通の人。一般的に親切。

このくらいしか言えません。

多分、覚えていないけれどコスタリカ滞在1〜3年くらいが、最も偉そうにコスタリカを語っていた時期だと思う。

「コスタリカ人はラテンだ!明るくてダンスが好きだ!」

「時間にいい加減だ!仕仕事が適当!」

こんな感じで言い切っていたと思う。恥ずかしい限りだ。

コスタリカ人とは?

1口に言える訳が無い。

住む地域、生まれた階級、教育のレベルで全く異なる。個人による。

簡単に、その国を答える事は出来ない。皆さんだって日本がどのような国かと説明するのは難しいのでは?

しかし、そんなコスタリカでも、いくつか断言する事が出来る部分は存在する。その1つが

「自動車を運転する際、ハンドルを握るとバカになる人間が多い。」

これだ。

勿論、先に断っておくが全員では無い。当たり前だが皆が皆ハンドルを握るとバカになる訳では無い。しかし運転をすると、必ず1日に1回は「こいつ、バカじゃねーの?」と思う運転をする輩に遭遇する。

私は日本においてクラクション(ホーンとも言う)を使った事は殆ど無い。相手にアリガトウの意思を伝える時などに小さく「ピッピッ」と使う事はあるが普通に運転している分には利用しない。

しかしコスタリカの、特に都市部においてクラクションは必需品だ。これが無いと怖くて運転できない。

「どうして、そこで少し待てないかな?」

「どうして、道を譲れないかな?」

「どうして、そのタイミングで突っ込んでくるかな?」

毎日、運転する度に感じる事だ。

当然だが事故が多い。

私は先日、1日に見た事故現場数の記録を更新した。

6回だ。1日に6回の事故現場を見たのだ。

僅か数時間のドライブで6回の事故現場と遭遇。自動車と自動車、自動車とバスなどが衝突して警察を待っている、あるいは警察が来て現場検証をしている場面だ。

先ほど必ず1日に1回は「こいつ、バカじゃねーの?」と思う運転をする輩に遭遇すると書いたが、1日に1度は事故現場を見る気がする。

私は毎日自動車を運転すると言って良いだろう。しかし毎日が長距離というわけでは無い。普通の日はカフェ、レストラン、取引先のオフィス、友人宅など行く場所は決まっている。

行く場所に「ホテルバルモアルのツアーディスクは?」と突っ込みが来る前に先に言うが、ホテルへ行くことは殆ど無い。スタッフ任せだ。駄目駄目経営者である。

話がそれた。元に戻そう。

そういう短い距離で事故を目撃するのだ。

少なくとも事故現場が珍しいものでは無いのは事実だ。今じゃ事故現場を見たところで、それが死亡事故を連想させるもので無い限りは見向きもしなくなった。

1日1回は事故を見ると書いた。

こういう事を書くと日本語が読めるコスタリカ人から

「コスタリカはそんな国じゃありません!」

と苦情が来る事がある。特に日本に住んでいるコスタリカ人からだ。

自分の国を悪く言われるのは頭に来るかもしれんが、コスタリカに住む1人の外国人からの視点として書いている私は、自分が書いている事が間違っているとは思わない。

今回の日記を書くにあたり記録を取ってみた。

1日目:6回の事故現場と遭遇。この日から記録を取った。

2日目:4回の現場と遭遇。

3日目:2回。

4日目:2回。

5日目:3回。

6日目:2回。そのうちの1つは死亡事故と思われる。

7日目:1回。

ドライブをした時間は長いものでは無い。通常は1−2時間以内だ。

大きな事故では無かった。特に都市部の事故はたいした事ない。

車線変更の際に強引な割り込み、意地悪で場所を譲ってあげない、お互いが引かず意地を張り合った結果「チョコ」っとぶつけた程度の事故。

これが都市部を出た長距離になると事故の性格も変わってくる。

私は仕事の関係で都市部を出る事が多いのだが、特に山岳地帯のクネクネ道でトレーナーなどの大型自動車が引っくり返っている現場を目にする。

死亡事故だが、確か日本での年間死亡事故は10,000人を少し切った程度だったと記憶している。

コスタリカは4,000人を少し切った数字だったはずだ。そのように新聞で読んだ。

人口は日本が1億2千5百万に対してコスタリカは450万人。

死亡事故率は日本の約11倍だ。

普段は争い事を避けるコスタリカ人が多いのだが、どうして自動車の運転になると、このようになるのだろうかと考えた。

そこで1つ思ったのが運転免許証を習得するプロセスについてだ。

続きは明日。


↑↑↑↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。


 

 

2007.8.26

事故が多いコスタリカ その2

最初は筆記テスト。80点以上が合格ライン。普通に勉強すれば簡単にパスできる内容。

筆記テストをパスすると3ヶ月有効の仮免許が発行される。

その3ヶ月の間に運転の練習をするのだ。

練習は公道で行われることが多い。練習は特に教習所へ行く必要も無い。仮免許中の運転は助手席に正規の運転免許証を保持した者がいなければいけない。

大抵は夫、友人、叔父など身近で運転免許証を持っている者が同乗する場合が多い様子。

そして実技テスト。

1.公道を20分くらい走る。

2.カラーコーンを両サイドに並べた場所をバックで走る。

以上。

そして試験官によってはワイロを要求してくる。20ドル分くらいを渡せばOKの様子だ。

私は日本で免許証を習得、そしてコスタリカでも実技テストを受けた事がある。日本のそれと比較すると楽勝だ。

私は日本の自動車教習所システムに関して疑問を持っていた。たかが運転免許証を取るのに何十万も必要だ。

他国の免許証習得事情を知ってしまうと非常に高いと感じる。

しかし実技は勿論、交通ルールもしっかり教育する。

例えば2車線あったとしよう。中央よりの車線は速く走る自動車と日本では常識だが、コスタリカそれを知らない人が多い気がする。3車線道路で中央よりをトロトロ走っているドライバーは沢山存在する。

高速道路で合流車があるとしよう。本線を走っている自動車は合流しようとする自動車が入りやすいように本線の中央側へ車線変更をする。

日本では、そういう事を教習所で教わる。

先でも書いたようにコスタリカでは知人が助手席に乗って運転を教える事が殆どだが、それらの人々が自動車の運転は出来ても交通ルールやマナーまで教えられるとは思えない。

プロの講師に金を支払って教わる人が多いとも思えない。少なくとも私の周りには妻を除いて1人も居ない。

そんな運転免許証習得事情でした。事故が増えて当たり前かな。

乱暴な運転をするアホどもは1日1回は見ると書いたが、そんなに少ない台数ではありまえん。もっともっと見ます。

タクシー運ちゃんなどは、あの乱暴な運転が上手な運転だと思っているかもしれません。

上手な運転には色々な定義があるのだが

1.事故を起こさず、目的地に到着する事。

2.周囲にストレスを感じさせない。

この2つだと思うのだが、そのように教えているとは到底思えず、守っていない人が殆ど。

日本の教習所制度が最も良い方法とは言わないが、現状のコスタリカの運転事情を見ると、コスタリカよりはマシだと思うようになってきた。

コスタリカで運転を考えている人、気をつけてくださいな。


↑↑↑↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。


 

 

2007.8.28

運転中に聞く音楽

8月7日の日記で

-----------------------------------------------------

でも大丈夫〜。私は もうぉ〜 不幸をぉ〜 忘れたからぁ〜。忘れたからぁ〜、忘れたかなぁ〜。(なんのパクリか解った人はE-Mailください)

-----------------------------------------------------

書いたことすら忘れていたのですが数通のE-MAILが届きました。

皆さん正解です。Coccoの風化風葬をパクってみました。

 

-   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -

風化風葬:Cocco

崩れ落ちる貴方に
最後の口付けをあげる
すがりついた昨日を
振り払って私は星を辿る

行かないでって言って
放さないと言って
救いを求めて
膝をついて呼んで

悲しみ愛より深いのは誰?
生まれ来る風に吹かれ泣いて

でも大丈夫
貴方はすぐに
私を忘れるから

 


花を摘んでください
綺麗な花を贈るため
朽ちて傷む言葉と
冷めてゆく貴方を見届けるため

永遠だと言って
愛してるって言って
枯れてゆく夢を
腕に抱いて感じて

壊れてしまうのは何故なの なんて
今は動けない脚で いつか

でも大丈夫
私はきっと
貴方を忘れるから

忘れるから


忘れるかな...

 

 

行かないでって言って
その声で言って
後ろ髪引いて
無理にでも抱いて

悲しみ愛より深いのは誰?
生まれ来る風に吹かれ 泣いて

壊れてしまうのは何故?
今は動けない足で いつか

でも大丈夫
貴方はもう
私を忘れるから

忘れるから

忘れたかな...

 

-   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -   -

私は自他共に認めるオッサンですがCoccoちゃんの歌は好きでございます。心の病み具合を感じる事が出来るからかもしれませんね。彼女の歌で一番好きなのが“がじゅまろの樹”でごじゃります。

運転中に音楽を聴きまして、それ以外に音楽を聴く事はクラシックコンサートへ行く時以外は皆無。

他にもSoweluなんぞも聞いております。Soweluちゃんの歌はSoweluちゃんの可愛い声だから良いわけで、私のような中年ブチャイク男が「夢の中でもイイ♪」などと口ずさむと、それは傍から見ると気色悪い姿に見える事うけあい。

そうかと思えば「宇宙戦艦ヤマト」などを元気よく歌う時もございます。

なんてこと無い日記でした。軽い内容の物を書きたかったものですからご了承くださいませ。


↑↑↑↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。


 

 

2007.8.29

キミは友達

「私もcoccoが好きです!」とか「Soweluは泣けますよね!」

そんなE-Mailが数通届いた。全て20代女性からだ。

coccoもSoweluも若い女性が聞く歌い手さんの様子。

私はオッサンですが好きですよ。文句ある?

 

ついでに好きな歌を1つ紹介。

----------------------------------------------------

平井堅:キミはトモダチ

君が笑った
僕もつられて笑った
映し鏡みたいだ
君は僕の友達

君が怒った
僕も負けずに怒った
子供の喧嘩みたいだ
君は僕の友達

僕が寂しいときは
あと少し付き合って
うまく話を聞いてくれないか
君の声だけが心を軽くする
ただあいづちを
打ってくれるだけで

君が泣いてた
僕も泣きそうになった
だけどこらえて笑った
元気出せよと笑った

君が寂しい時は
いつだって飛んでくよ
うまく言葉見つからないけれど
僕の声が君の心を癒すなら
ただあいづちを
打ってだけでもいいかい

君がいないと
僕は本当に困る
つまりそういうことだ
君は僕の友達

----------------------------------------------------

NHKの“みんなの歌”になっただけの事はある。良い歌だ。

歌を聞いているとウマちゃん(仮名)を思い出した。コスタリカから遠い日本で生活をしている高校1年からの友人だ。

急に話をしたくなったので私の携帯電話から彼の携帯電話へ国際電話をした。便利な時代になったものだ。10年前では信じられない事だ。

時計を見ると日本時間の午前6時だった。寝てるかな?と一瞬思った。

まあ、間違いなく寝ているだろう。でも起きているかもしれん。

そんな時間に電話をしても大丈夫かって?迷惑じゃないかって?

大丈夫だ。友達だからな!

 

奴も寝起きに俺様の声が聞けるのだから幸せであろう。1日の始まりを俺様の声から始まる。なんて美しい響きであろうか。

電話がコールされる。生意気にも留守電になっていた。20秒以内にメッセージを残して下さいと偉そうなガイダンスが流れるが特別に残すメッセージなど無い。

用事があってかけた訳じゃないからな。

無言で切るのもなんですから、とりあえず歌ってみた。

「君が笑った僕もつられて笑った 映し鏡みたいだ 君は僕の友達♪」

ここで留守電メッセージの時間切れ。

ウマの野郎は使えね〜な。全て俺様の歌が残せるくらいの設定にしておけっつーんだ。

携帯電話でメッセージを聞くと俺様の美しい歌声が入っているのだ。ウマちゃんも喜ぶ事であろう。

礼なんて必要ないぜ!友達だからな!

数十分後に再度電話をしてみたが、また留守電だった。

「君が怒った僕も負けずに怒った 子供の喧嘩みたいだ君は僕の友達」

次の節を歌ってみたが、それで電話が切れた。

これを繰り返して全て歌を入れてやろうかと思ったが、これ以上続けるとウマちゃんが怒る事を知っている。なぜウマちゃんが怒ると解るかって?

そりゃそうだよ。付き合い長いもの。友達だからな!

誰でも怒るよとか、そんな突っ込みは無しでお願いします。

お金もモッタイナイしね。こっちの方が重要だ。

 

しかし平井君の歌を聞くとウマちゃんとの思い出が走馬灯のように駆け巡るのだ。

左が歌詞、右が私の心情だ

歌詞 心情
君が笑った くだらない漫画を見てウマが笑う
僕もつられて笑った あまりにも笑い顔が変だから
映し鏡みたいだ お互いモテナイ&ブサイクだからな
君は僕の友達 君は僕の友達
君が怒った 俺が君にハゲ・ブサイクって連発
僕も負けずに怒った 君が俺に「デブ少し痩せろ」と言う
子供の喧嘩みたいだ 2人の時は高校時代と同じだ
君は僕の友達 君は僕の友達
僕が寂しいときは 僕が女にふられた時だったかな
あと少し付き合って 結局、朝まで話したっけ
うまく話を聞いてくれないか 1人で居たくなかったからだけど
君の声だけが心を軽くする とりあえずグチる事は出来た
ただあいづちを お前の意見は役に立たない
打ってくれるだけで 黙って俺様のありがたい話を聞け
君が泣いてた 君の好きな女が他の男と結婚した
僕も泣きそうになった あまりにも不憫での〜
だけどこらえて笑った “だけど笑いをこらえた”が正解。君でも落ち込むのだな〜、鬼の目にも涙とはこの事だと思った。
元気出せよと笑った チビ・ハゲ・ブサイク好きの女が居るかもしれねーからな、居ないと思うけど、あはははは!
君が寂しい時は 寂しいのは何時もの事だと思うけど。彼女居ない歴10年?ぎゃははは!
いつだって飛んでくよ エアーチケットを買ってくれたらな
うまく言葉見つからないけれど 考えるのが面倒くせー
僕の声が君の心を癒すなら 俺の声は美声だからな
ただあいづちを
打ってだけでもいいかい
テレビを見ながらになりますが
君がいないと DVD送ってくれとかメモリー買ってくれとか頼めないからな
僕は本当に困る 金だって立て替えてもらえるし
つまりそういうことだ 使いっ走り?
君は僕の友達 君は僕の友達

ウマちゃん、これからもヨロシクよ。キミは僕の友達!

 

 

 

友達?

 

 

 

友達だよね?

 

 

 

友達かな?

 

 

 

友達で居てくれますか?お願いします。

 

 

 

いつか私はウマちゃんに刺される日が来るかもしれません。

 

 


↑↑↑↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。


 

 

2007.8.30

中年男

昨日の日記は我ながら良い出来だと思った。

さっそく誉めて貰おうとウマちゃんと話した。

私:「俺様だ。どうだ?俺様の歌声は良かっただろう?」
(ジャイアンみたいですねとか、そういう突っ込みは無しね。)

それに対してウマちゃんは

ウ:「気持ち悪りぃ〜声が入っていたよ。で、何のようだ?」

なんて友達がいの無い野郎だ。
(人のことを言えて?とか、そういう突っ込みは無しね。)

そしてウマはこんな事を言いやがった。

ウマ:「日記、つまんね〜よ。もっと面白い事を書けよ、アホ。」

やっぱりウマはユーモアの程度が低い男だ。

“熱血ナイン”や“少林サッカー”を最高!面白い!と言うくらいだから感性が低い事は知っていた。

しかし昨日の日記の良さが解らないとは可哀想な野郎だ。

そして昨日の日記で書いた

君が泣いてた 君の好きな女が他の男と結婚した

これについて「懐かしいなぁ〜。」と私が話したところ

ウ:「え?誰?なにそれ?何のこと?」

すっかり忘却してやがる・・・・。

忙しい俺様を捕まえて何時間も何時間も話しやがったのは誰だ?

フラれた男が口にする言葉トップ3に選ばれる

 

「もう、女なんて信用できない!誰も好きになれない!」

と、言っていたのは誰だ?

 

 

「2次会に招待しやがった!バカにしやがって!ムチャクチャにしてやる!」

って荒れていたバカ者は誰だ?

「暴れてやる!」

と、興奮していたキミに対して

 

「そんな事をしても無駄だよ。それよりプレゼントなどを持っていって“おめでとう!幸せにね!”って言ってやれよ。」

と冷静にアドバイスした私の言葉もキミは覚えていないんだね?

そこまで説明するとウマは「ああ〜、いたなぁ〜、そんな女!」と懐かしそうに言った。

ウマを少し羨ましいと思った。嫌な事をサッサと忘れられる彼は幸せもの

俺なんぞ嫌だった事が思い出に変わるまで長い長い年月を必要とするのに・・・・。

私:「で、あの時の女、どうよ?」

ウ:「知らね〜、興味無いもん。子供は居ないみたいだよ。」

私:「彼女、何歳になったんだっけ?」

ウ:「ええとね〜、38歳。オバサンだよオバサン。」

ここで私が発表する事によってウマちゃんは30代の女性を敵にしました。

私:「お前なぁ〜、オバサンって言っても俺たちと同世代じゃないか。」

ウ:「オバサンはオバサンだ。」

私:「じゃあ言うがな、俺たちだってオジサンだ。」

ウ:「俺、オジサンじゃ無いも〜ん。」

確かに浴衣姿のキミは七五三だ。身長だけなら中学生程度。チン長に関しては小学生程度だ。

しかし額の後退だけを見ると50代だぞ。

どうもウマちゃんは自分がオジサンの自覚が無いらしい。

しかしオッサンになった自覚を持つのは中々難しいと思う。

私も自覚が芽生えたのは最近だ。

1.運動会や球技大会で自分がイメージしたように動けない。
2.食の量が減った。すぐに疲れる。面倒くさくなる。根気が無くなる。
3.女子大生からオジサン扱いを受ける。
4.友人の娘が私を「ケツアルのオジサン」と呼んでいる。

中年男とは悲しい。

フィナンシャル・タイムズが2回に分けて中年男の作り方という特集をしていた。読んでいて悲しくなったが頷く点が沢山あった。

いくつか抜粋してみた。

1. 中年男ほど、とことんバカにされ、見下され、足蹴にされている集団はいない。中年男というのはやることなすこと、ともかく何かしら滑稽で笑える、そういう存在らしい。
2. 中年男はさっさと早死にしようとしているか、むやみに若さにしがみつこうとしている。恋する中年男などバカバカしさの極みだ。
3. 自分が若い頃のヒット曲をかけ続けるのは切ないノスタルジア。
4. 人間は中年期になると、弱くなるし、もろくなる。中年ほど弱くてもろい者はない。これまでの人生経験を頼みにする一方で、新しい挑戦に前向きに取り組まなくてはと思っている。そして、両方の衝動を慎重にバランスしなくてはならないのだ。
5. 色々な経験をしてその分だけ賢くなってはいるが、新しい冒険を望んでいる。
6. 男たちは、あらゆる中年ジョークで笑い者にされるのは仕方がないことだと笑って受け入れている。
7. 中年男というのは欲求不満な生き物で、不埒な情欲を若い女性相手に発散したがる生き物だという、そういうイメージ。
8. 独身の若い女性や、退屈しきった独身男には、便利なマニュアル本がいくらでもある。浮気も不倫もしないのになぜか恋人は次々と新しく変わるという人にも、同性愛者にも、遊び人にも、アドバイス本はたくさんある。しかし中年男にはない。
9. 「自分は○○のスポーツをしている」と言うからには、その「○○」の最高水準の形に多少なりとも似通った形で、参加していなくてはならない。「テニスをしている」と言うならサーブしてすぐにネットまで走りこんでリターンをボレーで返すことができるとか、ドロップショットを返すことができるとか、そういうことなら大変に結構だ。ベースラインに立ったまま、役に立たないラケットを振り回してるだけというなら、そろそろゴルフを始めるべきだ。
10. ・自分の娘と同じぐらいの歳の女性と関係をもっていい?

この話題に答えるつもりはない。恋の天使をしばるルールはないのだから。そんなこともまだ分かってないのだとしたら、あなたには「中年男」を名乗る資格はありません。

これを見て何も感じない男性。貴方は中年男ではありません。

3.の自分が若い頃のヒット曲をかけ続けるのは切ないノスタルジア。とあるが、私は自動車を運転中に「70'S-80'S」と書いたCDを聴いている。

4.に関してだが、例えば映画「シンドラーのリスト」を私は何回も見ているのに、最後のシーンも全てセリフまで覚えているのにツイツイ泣いてしまう。

7.に関しては甘んじて受けたいのだが最近枯れてきた。

8.空手の自由組手をすると3分で息が切れる。腹筋も腕立て伏せも50回もやると「ふうっ・・、今日も体を鍛えたぜ!」となってしまう。バスケットボールは10分走ると足が痙攣するので自宅のリングでフリースローを100本ほど汗ダクになりながら決めて「あ〜、良い運動した!」と満足する程度。でも環境保護の視点からゴルフを始める気にはならない。

6.のそれら中年ジョークで笑い者にされるのは仕方がないことだと笑って受け入れているどころか自ら笑いのネタにしている。

10.の自分の娘と同じくらいの歳の女性と関係云々だが、これは私にとっては犯罪になってしまうので良くわからないところだ。20歳のお嬢さんと歩いていると親子にしか見えない。

ふんっ、みんな年を取るんだよ。ここで川柳を一つ

“いつまでも あると思うな 若さと財産”

 


↑↑↑↑↑↑
人気ブログランキングに参加しています。